心に響くフリードリヒ・フォン・シラーの名言・格言

スポンサーリンク
偉人のお言葉・名言・格言
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヨーハン・クリストフ・フリードリヒ・フォン・シラーの心に響く言葉

 

ヨーハン・クリストフ・フリードリヒ・フォン・シラー(ドイツ語: Johann Christoph Friedrich von Schiller、1759年11月10日 – 1805年5月9日)は、ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家。ゲーテと並ぶドイツ古典主義(Weimarer Klassik)の代表者である(初期の劇作品群はシュトゥルム・ウント・ドラング期に分類される)。独自の哲学と美学に裏打ちされた理想主義、英雄主義、そして自由を求める不屈の精神が、彼の作品の根底に流れるテーマである。青年時代には肉体的自由を、晩年には精神的自由をテーマとした。彼の求めた「自由」はドイツ国民の精神生活に大きな影響を与えた。

劇作家として有名だが、ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」の原詞で最もよく知られるように、詩人としても有名である。シラーの書く詩は非常に精緻でありかつ優美であるといわれ、「ドイツ詩の手本」として今なおドイツの教育機関で教科書に掲載され、生徒らによって暗誦されている。

日本では、古くから舞台ドイツ語の影響もあって、「シルレル」(太宰治の「走れメロス」など)あるいは「シルラー」とも表記された。「シラー」は正確には[ˈʃɪlɐ]と発音される。

ウィキペディアの執筆者,2020,「フリードリヒ・フォン・シラー」『ウィキペディア日本語版』,(2020年4月15日取得,https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A9%E3%83%BC&oldid=77074445).

偉人の名言TOP


 

チャンスは鳥のようなものだ。飛び去らないうちに捕らえよ。

<フリードリヒ・フォン・シラーの名言・格言>

 


 

ジョークを言った本人が笑ったら、そのジョークはジョークでなくなる。

<フリードリヒ・フォン・シラーの名言・格言>

 


 

人生はほんの一瞬にすぎない。死もまた、ほんの一瞬である。

<フリードリヒ・フォン・シラーの名言・格言>

 


 

迷い、夢見ることをはばかるな。高い志向はしばしば子供じみた遊びの中にあるのだ。

<フリードリヒ・フォン・シラーの名言・格言>

 


 

余り考え過ごす者は何事をも成し得ない。

<フリードリヒ・フォン・シラーの名言・格言>

 


 

幸福には翼がある。つないでおくことは難しい。

<フリードリヒ・フォン・シラーの名言・格言>

 


 

期待なしに恋するものだけが恋の味を知る。

<フリードリヒ・フォン・シラーの名言・格言>

 


 

酒は何も発明しない。ただ秘密をしゃべるだけである。

<フリードリヒ・フォン・シラーの名言・格言>

 


 

太陽のように生きて、太陽のように死にたい。

<フリードリヒ・フォン・シラーの名言・格言>

 


 

人間を偉大にしたり卑小にしたりするのは、その人の志である。

<フリードリヒ・フォン・シラーの名言・格言>

↓次のページに続きます↓


コメント