心に響くミシェル・ド・モンテーニュの名言・格言

スポンサーリンク
偉人のお言葉・名言・格言
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミシェル・ド・モンテーニュの心に響く言葉

ミシェル(・エイケム)・ド・モンテーニュ(Michel Eyquem de Montaigne [miʃɛl ekɛm də mɔ̃tɛɲ], 1533年2月28日 – 1592年9月13日)は、16世紀ルネサンス期のフランスを代表する哲学者。モラリスト、懐疑論者、人文主義者。現実の人間を洞察し人間の生き方を探求して綴り続けた主著『エセー』は、フランスのみならず、各国に影響を与えた。

ウィキペディアの執筆者,2020,「ミシェル・ド・モンテーニュ」『ウィキペディア日本語版』,(2020年2月21日取得,https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%9F%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A5&oldid=76290200).

偉人の名言TOP


 

すぐれた記憶は弱い判断力と結びやすい。

<ミシェル・ド・モンテーニュの名言・格言>

 


 

美貌や愛欲によって結ばれた結婚ほど、早く紛争を起こして失敗するものはない。結婚には、一定して変ることのないしっかりとした土台と、堅実にして慎重な行動が必要である。沸き立つような歓喜は、何の役にも立たない。

<ミシェル・ド・モンテーニュの名言・格言>

 


 

泣くことも一種の快楽である。

<ミシェル・ド・モンテーニュの名言・格言>

 


 

真の自由とは、自分自身に対してあらゆることをなしうるということである。

<ミシェル・ド・モンテーニュの名言・格言>

 


 

物財の貧困は容易に癒されるが、魂の貧困はけっして癒されない。

<ミシェル・ド・モンテーニュの名言・格言>

 


 

人間はその身に降りかかることよりも、それをどう受け止めるかによって傷つくことが多い。

<ミシェル・ド・モンテーニュの名言・格言>

 


 

すばらしき結婚は、盲目の妻と、耳の不自由な夫の間で生まれる。

<ミシェル・ド・モンテーニュの名言・格言>

 


 

我々の苦悩の中でも最も歓迎できないのは、自分の存在を軽蔑することだ。

<ミシェル・ド・モンテーニュの名言・格言>

 


 

最も知られることのないものこそ、最も固く信じられるものである。

<ミシェル・ド・モンテーニュの名言・格言>

 


 

我々は他人の知識によって物知りにはなれるが、賢くなるには、我々自身の知恵によるしかない。

<ミシェル・ド・モンテーニュの名言・格言>

↓次のページに続きます↓


コメント