心に響く野村克也の名言・格言 ノムさんのぼやき

スポンサーリンク
偉人のお言葉・名言・格言
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

野村克也の心に響く言葉

野村 克也(のむら かつや、1935年〈昭和10年〉6月29日 ‐ 2020年〈令和2年〉2月11日)は、京都府竹野郡網野町(現:京丹後市)出身のプロ野球選手(捕手)・コーチ・監督、野球解説者・野球評論家、タレント。愛称は「ノムさん」「ムース」。血液型はB型。

選手としては、史上2人目の三冠王達成(世界のプロ野球史上初の捕手による三冠王)、選手出場試合数歴代2位、監督出場試合数歴代3位、通算本塁打数歴代2位、通算安打数歴代2位、通算打点数歴代2位、通算打席数1位(11970打席)、通算打数1位(10472打数)、通算犠飛数歴代1位(113犠打)、通算併殺打1位(378打)、ベストナイン19回受賞で1位などの記録を持つ。特に1963年に記録した52本塁打は後に1985年に落合博満も記録するが、その落合と並んで日本出身の日本国籍選手における1シーズン最多本塁打記録である

また、監督としても「平成」(1989年1月8日 – 2019年4月30日)期間の最多勝利記録(1,053勝)を保持する。プロ野球では南海、ヤクルト、阪神、楽天の監督を歴任したほか、日本体育大学客員教授なども務めた。晩年の所属事務所はエフエンタープライズで、継子の団野村が運営するKDNスポーツジャパンがマネジメント代行を行っていた。元東北楽天ゴールデンイーグルス名誉監督(2012年まで)。

ウィキペディアの執筆者,2020,「野村克也」『ウィキペディア日本語版』,(2020年4月21日取得,https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E9%87%8E%E6%9D%91%E5%85%8B%E4%B9%9F&oldid=77164959).

偉人の名言TOP


 

「もうダメ」ではなく、
「まだダメ」なのだ。

<野村 克也の名言・格言>

 


 

未熟な組織には、
原点がある。
教えられることが多い。

<野村 克也の名言・格言>

 


 

部下を「信じる」というのは、
リーダーの重要な資質。

<野村 克也の名言・格言>

 


 

「叱る」と「褒める」というのは同意語だ。
情熱や愛情が無いと、叱っても、
ただ怒られているというとらえ方をする。

<野村 克也の名言・格言>

 


 

どうやったらライバルとの競争に
勝てるか考えたとき、
1日24時間の使い方の問題だ、
と思った。

<野村 克也の名言・格言>

 


 

「恥ずかしい」と感じることから
進歩は始まる。

<野村 克也の名言・格言>

 


 

うまくいっているときは、
周りに人がたくさん集まる。
だが、一番大切なのは、
どん底のとき、
誰がそばにいてくれたかや。
<野村 克也の名言・格言>

 


 

「どうするか」を考えない人に、
「どうなるか」は見えない。

<野村 克也の名言・格言>

 


 

失敗の根拠さえ、
はっきりしていればいい。
それは次につながるから。

<野村 克也の名言・格言>

 


 

組織はリーダーの力量以上には伸びない。

<野村 克也の名言・格言>

↓次のページに続きます↓


コメント