心に響く志村けんの名言・格言 勇気を貰える言葉たち

スポンサーリンク
偉人のお言葉・名言・格言
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

志村けんの心に響く言葉

 

志村 けん(しむら けん、1950年2月20日 – 2020年3月29日)は、日本のコメディアン、お笑いタレント、司会者である。ザ・ドリフターズのメンバー。イザワオフィス所属。1972年までの旧芸名および中国語での表記は「志村 健」。本名は志村 康徳(しむら やすのり)

ウィキペディアの執筆者,2020,「志村けん」『ウィキペディア日本語版』,(2020年5月1日取得,https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%BF%97%E6%9D%91%E3%81%91%E3%82%93&oldid=77322714).

偉人の名言TOP


 

ムダなことでもなんでも知ってた方がいい。

知らないと損をすることはあっても、

知ってて損することはないから。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

みんなと同じだったら、一番楽だろう。

不安もなくなる。

でも、その代わり個性もないってことになる。

あいつは変わってる、

と言われるのは光栄なことだ。

1回きりしかない人生なんだから、

自分の好きなように、

自分に正直に生きようよ。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

お笑いみたいなものでも、

常識を知らないと本当のツボというものがわからない。

常識は基本線で、

お笑いはその常識という基本線をひっくり返すところで、

コントとして成り立っている。

だから、笑えるワケよ。

お笑いに限らず、

常識をバカにする奴に、

常識を超えたことは絶対に出来ない。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

ベンチひとつで何ができるか、

といったシンプルな笑いの基本に返るのが大事。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

人を笑わせるのって、結局、間とタイミングだ。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

テレビの仕事は、

僕たちもスタッフも、

手を抜こうと思えばいくらだって抜ける。

でも1回手を抜いたら、

つまらなくなってしまうのは目に見えている。

だから、やっている間はとことんまでやるしかない。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

グループの笑いというのは、

全員の仲がよくないとうまくいかない。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

オレは偉大なる

マンネリ=スタンダード・ナンバーだと考える。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

らしく見せるコツは何か。

僕の場合はその人を徹底的に好きになることだ。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

今の若い芸人の番組なんかだと、

最初のメインがなくて、

遊びの部分ばかり多くてゲームになっている。

本当は何をしたいのかが、

どうもよくわからない。

そもそも芯になる、

やりたいものがないのか、

15分とか20分の長くてしっかりとした

コントをつくるのが大変だから逃げているのか。

そのあたりが、僕には不満なところだ。

でも、そのつらいところをしっかりつくっておくと、

ほかのコーナーが生きてくる。

<志村 けんの名言・格言>

↓次のページに続きます↓


コメント