心に響くラ・フォンテーヌ名言・格言

スポンサーリンク
偉人のお言葉・名言・格言
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラ・フォンテーヌ心に響く言葉

ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ(Jean de la Fontaine, 1621年7月8日 – 1695年4月13日)は、17世紀フランスの詩人。

イソップ寓話を基にした寓話詩(Fables、1668年)で知られる。(北風と太陽、金のタマゴを産むめんどりなど)

有名な格言に「すべての道はローマへ通ず」や、ことわざ「火中の栗を拾う」を残した。

偉人の名言TOP


 

運命のせいにして
責任を免れるというのは
運命の女神を敵に回すということだ。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

私たち全員が
習慣の奴隷です。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

賢明な人は自身の死に
驚きを覚えません。
いつでもその準備が
出来ているからです。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

友情とは夕方の影である。
人生の夕陽に照らされて大きくなる。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

誰もが恐れていることと
願っていることなら
簡単に信じてしまう。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

遠くにあると恐怖を感じるが
近づいてしまえば
それほどでもない。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

忍耐と長時間は
往々にして力や怒りよりも効果がある。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

しゃべるものもいいけれども
黙っているのが一番いい。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

努力は
全ての扉を開く。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

↓次のページに続きます↓


コメント