心に響くシェイクスピアの名言・格言

スポンサーリンク
偉人のお言葉・名言・格言
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェイクスピアの心に響く言葉

ウィリアム・シェイクスピア英語William Shakespeare1564年4月26日洗礼日) – 1616年4月23日グレゴリオ暦5月3日))は、イングランド劇作家詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物でもある。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、もっとも優れた英文学の作家とも言われている。また彼の残した膨大な著作は、初期近代英語の実態を知るうえでの貴重な言語学的資料ともなっている[2]

出生地はストラトフォード=アポン=エイヴォンで、1585年前後にロンドンに進出し、1592年には新進の劇作家として活躍した。1613年ごろに引退するまでの約20年間に、四大悲劇『ハムレット』『マクベス』『オセロ』『リア王』をはじめ、『ロミオとジュリエット』『ヴェニスの商人』『夏の夜の夢』『ジュリアス・シーザー』など多くの傑作を残した。『ヴィーナスとアドーニス』のような物語詩もあり、特に『ソネット集』は今日でも最高の詩編の一つとされている。

偉人の名言TOP


 

真実の愛は
うまくいかないものだ。

<シェイクスピアの名言・格言>

 


 

後悔する!
それこそ卑怯で女々しいことだ。

<シェイクスピアの名言・格言>

 


 

どうとでもなれ、
どんな大嵐の日でも、
時間は経つ。
<シェイクスピアの名言・格言>

 


 

他人もまた同じ悲しみに悩んでいると思えば、
心の傷はいやされなくても、
気は楽になる。

<シェイクスピアの名言・格言>

 


 

人の成すことには潮時というものがある。
うまく満ち潮に乗れば成功するが、
その期をのがすと、
一生の航海が不幸災厄ばかりの
浅瀬につかまってしまう。

<シェイクスピアの名言・格言>

 


 

簡潔こそが英知の真髄である。

<シェイクスピアの名言・格言>

 


 

暗闇はなく、
無知があるのみ。

<シェイクスピアの名言・格言>

 


 

お前は熊から逃れようとしている。
しかし、
その途中で荒れ狂う大海に出会ったら、
もう一度獣の口のほうに引き返すのか?

<シェイクスピアの名言・格言>

 


 

どうせ年をとるなら、
陽気な笑いで
この顔にシワをつけたいものだ。

<シェイクスピアの名言・格言>

 


 

不運ばんざい!
運の女神に見放され、
この世の最低の境遇に落ちたなら、
あともう残るのは希望だけ、
不安の種も何もない!
<シェイクスピアの名言・格言>

 


 

弱いものを救い上げるだけでは十分ではない。
その後も支えてやらなければ。

<シェイクスピアの名言・格言>

↓次のページに続きます↓


コメント