心に響くアントニオ猪木の名言・格言 勇気を貰える言葉たち

スポンサーリンク
偉人のお言葉・名言・格言
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アントニオ猪木の心に響く言葉

アントニオ猪木(アントニオいのき、英: Antonio Inoki, 1943年2月20日 – )は、日本の元プロレスラー、実業家、政治家。本名:猪木 寛至(いのき かんじ)。神奈川県横浜市鶴見区出身。血液型AB型。新日本プロレス設立後のキャッチフレーズは「燃える闘魂」。日本プロレス所属時代のキャッチフレーズは「若獅子」。愛称は「アントン」。複数の結婚歴と離婚歴があり(4回結婚している)、二番目の妻は女優の倍賞美津子である。倍賞との間に娘が一人いる。1991年にイラクのシーア派聖地カルバラーにてイスラム教に改宗しており、ムスリム名は「モハメッド・フセイン・イノキ」である。ただし、ワシントン・ポストによると本人は仏教徒とも自認する。

プロレスラーとしては新日本プロレスの創業や異種格闘技戦で活躍。政治家としては参議院議員(2期)、スポーツ平和党代表、日本維新の会副幹事長、次世代の党国民運動局長兼参議院政策調査会長、日本を元気にする会最高顧問、同代表などを歴任。

ウィキペディアの執筆者,2020,「アントニオ猪木」『ウィキペディア日本語版』,(2020年4月24日取得,https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%AA%E7%8C%AA%E6%9C%A8&oldid=77210773).

偉人の名言TOP


 

常識から1ミリでもいいから

一歩踏み出せ。

<アントニオ猪木の名言・格言>

 


 

派手に見えれば見えるほど、
裏で地味な努力をしているのが
あらゆる世界のプロだ。

<アントニオ猪木の名言・格言>

 


 

力を抜くことによって、
相手のエネルギーを奪うことができる。

<アントニオ猪木の名言・格言>

 


 

馬鹿になれ とことん馬鹿になれ
恥をかけ とことん恥をかけ
かいてかいて恥かいて
裸になったら見えてくる
本当の自分が見えてくる
本当の自分も笑ってた
それくらい
馬鹿になれ

<アントニオ猪木の名言・格言>

 


 

道はどんなに険しくとも、
笑いながら歩こうぜ!
<アントニオ猪木の名言・格言>

 


 

人は歩みを止めたときに、
そして挑戦をあきらめたときに、
年老いていくのだと思います。

<アントニオ猪木の名言・格言>

 


 

人間には、
必ず人生の転機を直感し、
的確に判断できるかどうかを
試される時が何度かある。

<アントニオ猪木の名言・格言>

 


 

悩みながらたどり着いた結論は、
やはりトレーニングしかない。

<アントニオ猪木の名言・格言>

 


 

しなやかな力は
バランスがいい。

<アントニオ猪木の名言・格言>

 


 

落ちたら、
またはいあがってくれば
いいだけのこと。

<アントニオ猪木の名言・格言>

↓次のページに続きます↓


コメント