100年時代 人口知能(AI)と向き合いながら将来の仕事を考える

スポンサーリンク
SHINの独り言
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

はじめに、この記事は人口知能の説明では無いです。

スポンサーリンク

世間に溢れている人工知能(AI)はどんなものがあるのか?

今我々は、人工知能の恩恵を沢山受けている。

例えば、スマートフォンのコンシェルジュのシステムや翻訳システム、株取引、医療など多岐にわたる。これからもっと便利な人工知能が出てきてもおかしくないと思う。

色んな業種にAIが使われていて、どちらかというと現在はAIを使っていない業種を探す方が大変になりかけている。

確かに、同じ業種でも企業ごとで見れば導入の有無に差があるかもしれない。ただ、同じ業種にAIが導入されていれば、導入していない企業は勝ち残るのが難しくなるだろ。それだけ圧倒的な作業効率を誇っている。それに加え後発での導入には費用やノウハウの取集も問題になり先駆けて導入している企業の方が有利に進めていける可能性が高い。

そこで湧き上がってくる疑問は、「今の仕事はAIに取って代わられるのか?」こんな疑問が出てくると思う。

これから求められる能力とは?

上記、項目で上げたようにAIは圧倒的な仕事量に加え色んな場所に使われている。ただ、スキが無いように見えるが極端な欠点がある。

今の所、汎用の人工知能は無い、そう人間みたいなAIはまだいないのだ。

どの人工知能を見ても専用設計なのだ。

専用設計 = 一つの事しかできないのだ。(一つの範囲という意味)

だからと言って別に何個か専門分野を持っていれば大丈夫というわけではない。何が重要かというと、人工知能は何が得意で何が苦手かを分かった上で、多数の分野を掛け合わせ新たなものを創造できたり人の心と共感して製品やサービスの改善や新規に作りだしたりと人工知能の弱点をつく考え方が必要になってくる。

 

まとめ

  1. 人口知能(AI)を知る。
  2. 自分の強み弱みを知る。
  3. 入りたい市場の状態を知る。
  4. 1、2、3、をふまえて自分が入れる状況を考える。

 

最後にこのページにたどり着いた貴方には下記の言葉を贈ります。

 

孫子の兵法でも有名な言葉

彼を知り己を知れば百戦殆ふからず。

彼を知らずして己を知れば一勝一負す。

彼を知らず己を知らざれば戦ふ毎に必ず殆ふし。

引用 孫子. (2019年8月19日02:21). Wikiquote, . 2020年1月12日05:07

 

Follow me!

コメント