人の精神状態を見分け方「オープンポジション」・「クローズドポジション」

スポンサーリンク
心理学
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

人は感情が無意識に行動や仕草に現れます。そこを見極めて精神状態を見分けるテクニックです。

相手を心理的に受け入れているのであれば相手を受け入れる行動を無意識にとります。反対に心理的に相手を受け入れていなければ、腕を組んだり、足を組んだりして防御反応として現れます。

スポンサーリンク

オープンポジション

オープンポジションもクローズドポジションも心の壁がキーワードになってきます。

例えば、親友や交際相手などであれば、ハグをしたりすると思います。それが意見が対立している人などであればどうでしょう?こういう感情が心の壁になります。

実生活での使用方法

  • 親交を深めたい人と居る時は、緊張したとしても腕を組んだり、足を組んだりしない。
  • 営業などの方は、自身の心理状態をオープンポジションに持っていく事で、説得力が高くなる。

クローズドポジション

クローズドポジションの特徴は、腕組みや足組みです。ただ、注意が必要なのが腕組みなどは自身を大きく見せるためにやっている場合や足組み等は癖になっている人が居る事の理解が必要です。

クローズドポジションの見分け方

  • どんな状況か?
  • 意見の対立などはあるか?
  • 緊張や不安がある状況か?

主に上記、項目で見分けれます。

クローズドポジションは心理的に緊張、不安、防御反応などが現れる時になりやすいです。

ちなみに、足組みが癖の人は標準で20分間に2~4回組み替えると言われています。それ以上組み替えているのであれば心理的に何かを感じていると思ってもいいでしょう。

 

 

Follow me!

コメント

  1. […] 人の心理を読み解く「オープンポジション」・「クローズドポジション」 […]

  2. […] 人の心理を読み解く「オープンポジション」・「クローズドポジション」 […]

  3. […] 人の心理を読み解く「オープンポジション」・「クローズドポジション」 […]