心に響く瀬戸内寂聴の名言・格言

スポンサーリンク
偉人のお言葉・名言・格言
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

瀬戸内寂聴の心に響く言葉

 

 

瀬戸内 寂聴(せとうち じゃくちょう、1922年大正11年)5月15日 – )は、日本の小説家天台宗尼僧。俗名晴美京都府在住。

僧位権大僧正[1]1997年文化功労者2006年文化勲章[2]学歴は徳島県立高等女学校(現:徳島県立城東高等学校)、東京女子大学国語専攻部卒業。学位文学士(東京女子大学)。元天台寺住職、現名誉住職。比叡山延暦寺禅光坊住職。元敦賀短期大学学長徳島市名誉市民京都市名誉市民。代表作には『夏の終り』や『花に問え』『場所』など多数。1988年以降には『源氏物語』に関連する著作が多い。これまで新潮同人雑誌賞を皮切りに、女流文学賞谷崎潤一郎賞野間文芸賞などを受賞している。

引用 ウィキペディアの執筆者,2019,「瀬戸内寂聴」『ウィキペディア日本語版』,(2019年8月27日取得,https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%80%AC%E6%88%B8%E5%86%85%E5%AF%82%E8%81%B4&oldid=74011086).

 

瀬戸内寂聴(詳しくWikipedia)

偉人の名言TOP


 

学校の成績なんて

気にすることはありません。

何か好きなことが一つあって、

それを一生懸命できるということが

人生の一番の喜びなんです。

瀬戸内寂聴の名言・格言>

 


 

子どもと目線を同じにして

対等に話をしてください。

大人は皆、上から物を言い過ぎます。

そして、世の中は生きる価値があると

感じてもらえるように、

大人が努力しましょう。

瀬戸内寂聴の名言・格言>

 


 

いろんな経験をしてきたからこそ、

あなたの今があるのです。

すべてに感謝しましょう。

瀬戸内寂聴の名言・格言>

 


 

愛する者の死と真向きになったとき、

人は初めてその人への愛の深さに気づきます。

「私の命と取り替えてください」と祈る時の、

その純粋な愛の高まりこそ、

この世で最も尊いものでしょう。

瀬戸内寂聴の名言・格言>

 


 

相手が今何を求めているか、

何に苦しんでいるかを

想像することが思いやりです。

その思いやりが愛なのです。

 瀬戸内寂聴の名言・格言>

 


 

人の話を聞く耳を持つことは大事です。

もし身の上相談を受けたら、

一生懸命聞いてあげればいいのです。

答えはいりません。

ただ聞いてあげればいいのです。

瀬戸内寂聴の名言・格言>

 


 

恋を得たことのない人は不幸である。

それにもまして、

恋を失ったことのない人は

もっと不幸である。

瀬戸内寂聴の名言・格言>

 


 

男女の間では、

憎しみは愛の裏返しです。

嫉妬もまた愛のバロメーターです。

瀬戸内寂聴の名言・格言>

 


 

「念ずれば花開く」

という言葉があります。

私は何かをするとき、

必ずこれは成功するという、

いいイメージを思い描くようにしています。

瀬戸内寂聴の名言・格言>

 


 

健康の秘訣は、

言いたいことがあったら

口に出して言うことです。

そうすると

心のわだかまりがなくなります。

瀬戸内寂聴の名言・格言>

 


 

無為にだらしない生き方をするより

真剣に生きるほうが、

たとえ短命でも値打ちがあります。

瀬戸内寂聴の名言・格言>

 


 

理解できないと投げ出す前に、

理解しようと相手と同じレベルに立って

感じることを心がけましょう。

瀬戸内寂聴の名言・格言>

 

↓次のページに続きます↓


Follow me!

コメント