ポモドーロ・テクニック

スポンサーリンク
テクニック
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポモドーロ・テクニックの生まれ

ポモドーロ・テクニックはある時間管理 1980年代後半にフランチェスコ・シリロのによって開発された方法。[1]この手法では、タイマーを使用して、作業を短い休憩で区切られた間隔(従来は25分)に分割します。それぞれの間隔は、チリロが大学生として使用したトマト型のキッチンタイマーにちなんで、イタリア語の「トマト」からポモドーロとして知られています。[2] [3]

この手法は、タイマーや指示を提供する多数のアプリやWebサイトで広く普及しています。この方法は、ソフトウェア設計で使用されるタイムボックス化反復的およびインクリメンタル開発などの概念に密接に関連しており、ペアプログラミングコンテキストで採用されています。[4]

引用 「ポモドーロテクニック。」ウィキペディア、無料​​百科事典。ウィキペディア、無料​​百科事典、2019年7月30日。ウェブ。2019年9月16日。

 

ポモドーロ・テクニックの進め方

  1. 実行するタスクを決める。
  2. タイマーを25分に設定。
  3. タイマーが鳴るまで作業をする。
  4. タイマーが鳴ったら作業を終了し紙にチェックをする。(チェックは回数を数える為)
  5. 5分休憩を取る。(ストレッチや瞑想等が集中力を高める)※集中力を最大限引き出す方法
  6. 紙につけたチェックが4つない場合は3から5を繰り返す。
  7. 紙につけたチェックが4つになった場合は、長い休憩を取る。(完全に脳を休ませる為、20分から30分)

ポモドーロ・テクニックをする際の注意点

外的中断
  • 電話や来客などを出来る限り排除する様に仕組化する。

例えば、「アポイントしていない人には合わない」や「電話対応はまとめてする時間を作る」など。なるべく周りを巻き込んで仕組化すると減らしやすくなると思います。

内的中断
  • メールチェックをしたくなる
  • 連絡の必要を急に思い出した時など
  • マルチタスク

上記の事柄が気になる場合は、タスク内容がさほど重要ではない場合があります。また、目標設定が適切でない場合など。

これを回避するのもやはり、仕組化するのが早い解決方法です。

例えば、ポモドーロ・テクニックで作業に入る前には気になる事を無くしておく。ポモドーロ・テクニックで作業中であれば気になった事をメモに書き出し休憩中に対処するなど、仕組化がポモドーロ・テクニックの成功を近づけ作業効率を最大化してくれます。

 

下記に、ポモドーロ・テクニックの生みの親、フランチェスコ・シリロさんのHPに行くリンクを張っておきますので良かったらご覧ください。

フランチェスコ・シリロさんのHP

↓↓↓関連書籍です良かったらどうぞ。↓↓↓

 

Follow me!

コメント