心に響くヘンリー・フォードの名言・格言

スポンサーリンク
偉人のお言葉・名言・格言
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヘンリー・フォードの心に響く言葉

 

ヘンリー・フォード(Henry Ford、1863年7月30日 – 1947年4月7日)は、アメリカ合衆国の企業家、自動車会社フォード・モーターの創設者であり、工業製品の製造におけるライン生産方式による大量生産技術開発の後援者である。フォードは自動車を発明したわけではないが、アメリカの多くの中流の人々が購入できる初の自動車を開発・生産した。カール・ベンツが自動車の産みの親であるなら、自動車の育ての親はヘンリー・フォードとなる。T型フォードは、世界で累計1,500万台以上も生産され、産業と交通に革命をもたらした。フォード・モーターの社主として、世界有数の富豪となり、有名人となった。安価な製品を大量生産しつつ労働者の高賃金を維持する「フォーディズム」の創造者である。フォードはまた、消費者優先主義が平和の鍵だというグローバルなビジョンを持っていた。体系的なコスト削減を強力に推進し、多くの技術革新やビジネス上の革新をもたらした。例えば、北米全土および世界の主要都市にフランチャイズシステムによる販売店網を確立した。遺産のほとんどをフォード財団に遺したが、遺族がその組織を恒久的に運営できるよう手配した。

第一次世界大戦のころには平和主義を主張したことで知られていると同時に『国際ユダヤ人英語版』という書籍を出版するなど反ユダヤ主義者としても知られている[1]

引用 ウィキペディアの執筆者,2019,「ヘンリー・フォード」『ウィキペディア日本語版』,(2019年3月26日取得,https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89&oldid=72142355).

ヘンリー・フォード(詳しくWikipedia)

偉人の名言TOP


 

不潔な工場に

善良な職工なし。

<ヘンリー・フォードの名言・格言>

 


 

たいていの成功者は

他人が時間を浪費している間に先へ進む。

これは私が長年、

この眼で見てきたことである。

<ヘンリー・フォードの名言・格言>

 


 

自分で薪を割れ、

二重に温まる。

<ヘンリー・フォードの名言・格言>

 


 

決断しないことは、

ときとして間違った行動よりたちが悪い。

<ヘンリー・フォードの名言・格言>


 

あら探しをするより

改善策を見つけよ。

不平不満など誰でも言える。

<ヘンリー・フォードの名言・格言>

 


 

成功の秘訣というものがあるとしたら、

それは他人の立場を理解し、

自分の立場と同時に他人の立場からも

物事を見ることのできる能力である。

<ヘンリー・フォードの名言・格言>

 


 

どんな人間も、

自分が思っている以上のことができる。

<ヘンリー・フォードの名言・格言>

 


 

人が集まってくることが始まりであり、

人が一緒にいることで進歩があり、

人が一緒に働くことが成功をもたらす。

<ヘンリー・フォードの名言・格言>

 


 

進歩と歩調を合わせて進む方が、

進歩を妨げるよりも健康的である。

<ヘンリー・フォードの名言・格言>

 


 

見返りを期待しなくなったとき、

倍の報酬がやってくる。

<ヘンリー・フォードの名言・格言>

 


 

もはや手のほどこしようのない事態になったら、

事態の成り行きにまかせるだけだ。

<ヘンリー・フォードの名言・格言>

 


 

二十歳であろうが八十歳であろうが、

学ぶことををやめた者は老人である。

学び続ける者はいつまでも若い。

人生で一番大切なことは、

若い精神を持ち続けることだ。

<ヘンリー・フォードの名言・格言>

 


 

私はいままでどんな人でも採用してきたし、

一度採った者は絶対に

解雇しない主義でやってきた。

車をつくるのではなく

人間をつくるつもりなのだ。

解雇は絶対にしない。

<ヘンリー・フォードの名言・格言>

 


 

まだやっていないことでは、

名声は築けない。

<ヘンリー・フォードの名言・格言>

 


 

私の若い人たちへの忠告は、

仕事の成功のために必要とあれば、

どんな組織をも改革し、

どんな方法をも廃棄し、

いかなる理論をも放棄する覚悟でいることだ。

<ヘンリー・フォードの名言・格言>

 

↓次のページに続きます↓


Follow me!

コメント