自己責任という考え方

スポンサーリンク
心理
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

皆さんは、嫌な事が起きた時、失敗した時など誰か責任転嫁してないですか?

その考えでは、損していますよ!

スポンサーリンク

自己責任という考え方

・あいつが悪い。

・時間が無いから。

・教えてもらってないから。

・タイミングが悪いから。

・〇〇だったら。

上記にあげた事を思って何かメリットありますか?

どれも逃げてるだけ、「やらない理由」「出来ない理由」を並べてるだけですよね。

この考え方から離れないと成長はあり得ない

全部自分のせい

どんな事でも、自分の責任として考えられると成長のきっかけが出来る事になります。そうなれば、何のメリットも無かった事をメリットがある事に変換する事が出来ます。

例えば、

50M走で競争して足をかけられて負けたとします。

明らかな反則ですが、ここで「あいつが悪い」になれば、それ以上成長できません。

逆に、自身が良いスタートをして、ぶっちぎりに前を走っていれば、足をかけられる事はなかったと思えれば、じゃスタートの練習をしよう!っといった感じで、さらに前に進めれます。

1、悪い事が起きる→他人の悪い所を見る→何も変化が起きない

2、悪い事が起きる→自身の悪い所を見る→変化しようとする→さらに成長できる

上記を見ても、1より2の方が自身の為になると思います。

 

最後にまとめ

●責任を責任転換していては、成長はあり得ない。

●「悪い出来事」を「良い出来事」に変えれるのは自分しかいない。

●「自己責任」で自身を追い詰め、ステージを上げる考え方です。

 

せかっくなので、この記事で変わってみてはどうですか?

自身のステージを上げる、「自己責任」という考え方を是非、実践してみてください。

Follow me!

コメント