別れ際の一言で分かる。『言葉の裏側』

スポンサーリンク
心理
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

皆さんは、別れ際の言葉はどんな一言をかけていますか?

「では、また会いましょう」や「失礼致します」交渉ごとであれば「検討します」など、いろいろありますが、別れ際の言葉で印象が分かるんです!

スポンサーリンク

相手の言葉に注目せよ!

皆さんは、また会いたい!と思ったら、別れ際どのような言葉をかけますか?

かける言葉は多数あると思いますが、何よりまた会いたいと言う雰囲気を出しませんか?

「近いうちに会いましょう」や「また連絡します」など、コンタクトを取ろうとしませんか?

そもそも、人は会いたくない人には、社交辞令程度の言葉しかかけないのです。

なぜなら、会いたくないから次に繋がるような言葉は声に出したくないのです!

これは、交渉ごとの際にも該当する場合があります。

取引先にプレゼンに伺い、帰り際に「近いうちに連絡します」など、次に繋がるような言葉を貰えると、プレゼンは良い方向に進むのではないでしょうか。

上記にもありますが、人は誤解されるような言葉を避ける傾向にありますので、「次がありそうな言葉は避けやすくなります。

最後に

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。

人の行動なので、絶対とは言い切れません。

ただ、傾向があると言う事は大勢の方が自然にその行動をやってしまうと言う事ですので、コミュニケーションの参考になれば幸いです。

下記、関連した人の心理です良かったらどうぞ。(*´▽`*)

人の心理を読み解く「オープンポジション」・「クローズドポジション」

 

Follow me!

コメント