秘密を教えてくれる人の裏に隠された心理

スポンサーリンク
心理
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

皆さんは、どうやって人と親しくなりますか?

多分、出会ってからお互いの事を少しずつ話しながら知っていき

気づいたら大親友や結婚してました等が、一般的な

親しくなる順序かなと思います。(例外はあると思いますが…)

スポンサーリンク

人はなぜ秘密を教えるのか?

人はなぜバレる危険をしてまで『秘密』を教えるのか?

普通に考えると、黙っておいた方が自分にとってメリットが

多い気がします。

秘密を教えるメリット

  • 秘密を教える事で、共通の隠し事を作り親密感を作れる。
  • 秘密を聞いた方は、相手の弱みを握れる事で多少気が緩む効果がある。
  • 「あなたと仲良くしたい」の意思表示になる。

秘密を教える人の心理は、「自己開示の返報性」という現象で、自身の情報を開示することで、相手にも情報の開示を促すことを無意識にしているのです。

注意する事

無意識に、この現象を使って仲良くなろうとしている人とは、

あなたがどうしたいかで決めれば問題ないと思います。

注意すべきは、この現象を「意識的」使用して接近してくる人は、

何か裏に狙いがある可能性がありますので注意が必要です。

 

意識的に使用するには?

上記にあるように、意識的に使えば『この人と仲良くなりたい』という時には

効果を発揮すると思います。

例えば、部下や後輩に失敗談を話し親密感を出したり、

合コンなどで、苦手な事を話し相手の緊張をほぐすといった事ができると思います。

是非、使ってみてください。

Follow me!

コメント