心に響く坂本龍馬の名言・格言

スポンサーリンク
偉人のお言葉・名言・格言
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

坂本龍馬の心に響く言葉

坂本 龍馬(さかもと りょうま、天保6年11月15日〈新暦・1836年1月3日〉 – 慶応3年11月15日〈新暦・1867年12月10日〉)は、江戸時代末期志士土佐藩郷士

直陰(なおかげ)、のちに直柔(なおなり)。通称は龍馬[注 1]。 他に才谷 梅太郎(さいたに うめたろう、さいだに うめたろう)などの変名がある (手紙と変名の項を参照)。

土佐藩郷士の家に生まれ、脱藩した後は志士として活動し、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中(後の海援隊)を結成した。薩長同盟の成立に尽力するなど倒幕および明治維新に関与した。大政奉還成立の1か月後に近江屋事件で中岡慎太郎、山田藤吉らと共に暗殺された。暗殺者は諸説あるが、京都見廻組という説が有力である。1891年(明治24年)4月8日、正四位追贈される。

引用 「坂本龍馬」『ウィキペディア日本語版』,(2019年1月26日取得,https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%9D%82%E6%9C%AC%E9%BE%8D%E9%A6%AC&oldid=71428973).

坂本龍馬(詳しくWikipedia)

偉人の名言TOP


 

事は十中八九まで自らこれを行い

残り一、二を他に譲りて功をなさむべし

<坂本龍馬の名言・格言>

 


 

何の志も無きところに、

ぐずぐずして日を送るは、

実に大馬鹿者なり

<坂本龍馬の名言・格言>

 


 

われ、はじめて西郷を見る。

その人物、茫漠としてとらえどころなし。

ちょうど大鐘のごとし。

小さく叩けば小さく鳴り。

大きく叩けば大きく鳴る。

<坂本龍馬の名言・格言>

 


 

世界の海援隊でもやりますかな

<坂本龍馬の名言・格言>

 


 

俺は着実に物事を

一つずつ築きあげてゆく。

現実に合わぬことはやらぬ。

<坂本龍馬の名言・格言>

 


 

奇策とは百に一つも用うべきではない。

九十九まで正攻法で押し、

あとの一つで奇策を用いれば、

みごとに効く。

奇策とはそういう種類のものである。

<坂本龍馬の名言・格言>

 


 

夢中で日を過ごしておれば、

いつかはわかる時が来る。

<坂本龍馬の名言・格言>

 


 

金よりも大事なものに

評判というものがある。

世間で大仕事をなすのに

これほど大事なものはない。

金なんぞは、

評判のあるところに

自然と集まってくるさ。

<坂本龍馬の名言・格言>

 


 

人として生まれたからには、

太平洋のように、

でっかい夢を持つべきだ。

<坂本龍馬の名言・格言>

 


 

疲れちょると思案がどうしても滅入る。

よう寝足ると猛然と自信がわく。

<坂本龍馬の名言・格言>

↓次のページに続きます↓


Follow me!

コメント