心に響く孔子の名言・格言

スポンサーリンク
偉人のお言葉・名言・格言
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

孔子の心に響く言葉

孔子(こうし、くじ、拼音Kǒng zǐ 공자gongja〉、チベット文字ཁུང་ཙི།ワイリー方式kong rtse;[コンツェ][1]、紀元前552年9月28日‐紀元前479年3月9日)は、春秋時代中国思想家哲学者儒家の始祖。は孔、は丘、は仲尼(ちゅうじ)。孔子とは尊称である(子は先生という意味)。ヨーロッパではラテン語化された”Confucius”(孔夫子の音訳、夫子は先生への尊称)の名で知られている。読みの「こうし」は漢音、「くじ」は呉音

有力な諸侯国が領域国家の形成へと向かい、人口の流動化と実力主義が横行して旧来の都市国家の氏族共同体を基礎とする身分制秩序が解体されつつあった周末、魯国に生まれ、周初への復古を理想として身分制秩序の再編と仁道政治を掲げた。孔子の弟子たちは孔子の思想を奉じて教団を作り、戦国時代、儒家となって諸子百家の一家をなした。孔子と弟子たちの語録は『論語』にまとめられた。

引用 「孔子」『ウィキペディア日本語版』,(2019年1月11日取得,https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%AD%94%E5%AD%90&oldid=71266437

孔子(詳しくWikipedia)

偉人の名言TOP


 

知らざるを知らずとなす

これ知るなり

(訳)

知らないことを知らないと自覚する。それが本当の知るということ。

<孔子の名言・格言>

 


 

人の本性はみなほとんど同じである。

違いが生じるのは

それぞれの習慣によってである。

<孔子の名言・格言>

 


 

徳は孤ならず

必ず隣あり

(訳)
徳のある人は孤立することがなく、よき協力者が必ず現れるということ。

<孔子の名言・格言>

 


 

君子は平安でのびのびしているが、

小人はいつでもくよくよしている。

<孔子の名言・格言>

 


 

徳ある人を見たら、

その人に並ぶことをめざせ。

徳なき人を見たら、

我が身を振り返り、

自省せよ。

<孔子の名言・格言>

 


 

富貴は

浮雲のごとし

(訳)
人の道に外れて得た富や地位は、浮き雲のようにはかないものだということ。

<孔子の名言・格言>

 


 

良薬は口に苦くして病に利あり

忠言は耳に逆らいて行いに利あり

(訳)
良薬は、苦くて飲みにくいが病気には効く。よい忠告は、聞くのはつらいが反省し行いを正せば、自分のためになるということ。

<孔子の名言・格言>

 


 

高貴な人間は自分自身に、

平俗な人間は他人に、

要求を課する。

<孔子の名言・格言>

 


 

最も賢い者と最も愚かなものだけが、

決して変わることがない。

<孔子の名言・格言>

 


 

良心に照らして

少しもやましいところがなければ、

何を悩むことがあろうか。

何を恐れることがあろうか。

<孔子の名言・格言>

 


 

止まりさえしなければ、

どんなにゆっくりでも進めばよい。

<孔子の名言・格言>

 


 

学べばすなわち

固ならず

(訳)
学問により、視野も広がり、柔軟となって、頑固さがなくなるということ。

<孔子の名言・格言>

 


 

巧言令色鮮し仁(こうげんれいしょくすくなしじん)

(訳)
言葉巧みで、表情を取り繕っているものに、誠実な人間はほとんどいないということ。

<孔子の名言・格言>

↓次のページに続きます↓


Follow me!

コメント