心に響くピーター・ドラッガーの名言・格言

スポンサーリンク
偉人のお言葉・名言・格言
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドラッガーの心に響く言葉

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker、ドイツ語名:ペーター・フェルディナント・ドルッカー 、1909年11月19日 – 2005年11月11日)は、オーストリアウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人[1]経営学者。「現代経営学」あるいは「マネジメント」(management) の発明者。

他人からは未来学者(フューチャリスト)と呼ばれたこともあった[2]が、自分では「社会生態学者」を名乗った。父・アドルフ・ドルッカーウィーン大学教授)と母・ボンディの間の子で、義理の叔父に公法学者国際法学者のハンス・ケルゼン(母方の叔母であるマルガレーテ・ボンディの夫)がいる。ドラッカーの自著によれば、父親はフリーメイソンのグランド・マスターだった[3]

引用 ピーター・ドラッカー」『ウィキペディア日本語版』,(2019年1月27日取得,https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC&oldid=71447332

ピータードラッガー (詳しくWikipedia)

偉人の名言TOP


 

21世紀に重要視される唯一のスキルは、

新しいものを学ぶスキルである。

それ以外はすべて時間と共にすたれてゆく。

<ピーター・ドラッガーの名言・格言>

 


 

変化はコントロールできない。

できることは、

その先頭にたつことだけである。

<ピーター・ドラッガーの名言・格言>

 


 

明日のエグゼクティブが学ぶべき

3つの重要な事柄は、

① 自分で自分の面倒がみられること、

② 下(部下)のマネジメントではなくて、

上(上司)のマネジメントをすること、

③ そして、経営の基本を広く

着実に身につけることである

<ピーター・ドラッガーの名言・格言>

 


 

真のマーケティングは、

顧客から出発する。

すなわち人間、現実、

欲求、価値から出発する。

<ピーター・ドラッガーの名言・格言>

 


 

企業経営のエッセンスは、

何かに「卓越」することと、

「決断」することである。

<ピーター・ドラッガーの名言・格言>

 


 

表の風に吹かれろ!

<ピーター・ドラッガーの名言・格言>

 


 

経営者が第一になすべき、

また絶えず行うべき職責は、

現存の資源を用いて

最高の成果をあげることである。

<ピーター・ドラッガーの名言・格言>

 


 

知識労働者がすべて同質のものだ

などと考えたら、

大間違いである。

<ピーター・ドラッガーの名言・格言>

 


 

企業の精神は、

どのような人たちを

高い地位につけるかによって決まる。

<ピーター・ドラッガーの名言・格言>

 


 

会議を成果あるものにするには、

会議の冒頭に、

会議の目的と果たすべき貢献を

明らかにしなければならない。

そして会議をその目的に沿って

進めなければならない。

特定の目的のある会議を、

だれもが勝手に素晴らしいアイデアを言い合う

自由討議の場としてはならない。

<ピーター・ドラッガーの名言・格言>

 


 

有能さは修得できる。

<ピーター・ドラッガーの名言・格言>

 


 

科学的経営経済学などは存在しない。

業績を上げる方法は、

実は誰でもが承知している。

<ピーター・ドラッガーの名言・格言>

 


 

やたらに危機感を煽ったり、

人を無理矢理、牛馬のように駆り立てる

マネジメント方式ではだめだ。

<ピーター・ドラッガーの名言・格言>

↓次のページに続きます↓


Follow me!

コメント