心に響く西郷隆盛の名言・格言

スポンサーリンク
偉人のお言葉・名言・格言
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

西郷隆盛の心の響く言葉

西郷 隆盛(さいごう たかもり、旧字体西鄕隆盛文政10年12月7日〈1828年1月23日〉 – 明治10年〈1877年〉9月24日)は、日本武士薩摩藩士)・軍人政治家

薩摩国薩摩藩の下級藩士西郷吉兵衛隆盛の長男。元服時に隆永(たかなが)のちに武雄隆盛(たかもり)と名を改めた。幼名は小吉、通称は吉之介善兵衛吉兵衛吉之助と順次変更。号は南洲(なんしゅう)。隆盛は父と同名であるが、これは王政復古の章典で位階を授けられる際に親友の吉井友実が誤って父・吉兵衛の名で届け出てしまい、それ以後は父の名を名乗ったためである。一時、西郷三助菊池源吾大島三右衛門大島吉之助などの変名も名乗った。

西郷家の初代は熊本から鹿児島に移り、鹿児島へ来てからの7代目が父・吉兵衛隆盛、8代目が吉之助隆盛である。次弟は戊辰戦争北越戦争新潟県長岡市)で戦死した西郷吉二郎(隆廣)、三弟は明治政府の重鎮西郷従道(通称は信吾、号は竜庵)、四弟は西南戦争で戦死した西郷小兵衛(隆雄、隆武)。大山巌(弥助)は従弟、川村純義(与十郎)も親戚である。

薩摩藩の下級武士であったが、藩主島津斉彬の目にとまり抜擢され、当代一の開明派大名であった斉彬の身近にあって、強い影響を受けた。斉彬の急死で失脚し、奄美大島に流される。その後復帰するが、新藩主島津忠義の実父で事実上の最高権力者の島津久光と折り合わず、再び沖永良部島流罪に遭う。しかし、家老小松清廉(帯刀)や大久保利通の後押しで復帰し、元治元年(1864年)の禁門の変以降に活躍し、薩長同盟の成立や王政復古に成功し、戊辰戦争を巧みに主導した。江戸総攻撃を前に勝海舟らとの降伏交渉に当たり、幕府側の降伏条件を受け入れて、総攻撃を中止した(江戸無血開城)。

その後、薩摩へ帰郷したが、明治4年(1871年)に参議として新政府に復職。さらにその後には陸軍大将近衛都督を兼務し、大久保、木戸ら岩倉使節団の外遊中には留守政府を主導した。朝鮮との国交回復問題では朝鮮開国を勧める遣韓使節として自らが朝鮮に赴くことを提案し、一旦大使に任命されたが、帰国した大久保らと対立する。明治6年(1873年)の政変江藤新平板垣退助らとともに下野、再び鹿児島に戻り、私学校で教育に専念する。佐賀の乱神風連の乱秋月の乱萩の乱など士族の反乱が続く中で、明治10年(1877年)に私学校生徒の暴動から起こった西南戦争の指導者となるが、敗れて城山自刃した。

死後十数年を経て名誉を回復され、位階は贈正三位。功により、継嗣の寅太郎侯爵となる。

引用 「西郷隆盛」『ウィキペディア日本語版』,(2019年1月27日取得)

西郷隆盛(詳しくWikipedia)

偉人の名言TOP


 

賢人がすべての役人を統轄し、

政権が一つの方針に進み、

国の体制が一つにまとまらなければ、

たとえ有能な人物を登用し、

自由に進言できるようにして、

多くの人の考えを取り入れるにしても、

どれを取捨するのか一定の方針がなくては、

行うことは雑でまとまりがなく、

とても成功どころではない。

昨日出された政府の命令が、

今日には変更になるというようなことも、

統轄するところが一つでなく、

政治の方針が決まっていないからである。

<西郷隆盛の名言・格言>

 


 

主君への忠義と親への孝行、

他人にめぐみいつくしむという

徳目の実践を促すことこそ、

政治の基本である。

これは、未来永劫、世界のどこにおいても、

不変かつ大事な道である。

<西郷隆盛の名言・格言>

 


 

世間の人がいう機会とは、

たいてい思いがけずに得た幸運のことを指している。

しかし、真の機会というのは道理に適い、

時の勢いを正しく把握して行動する場合のことだ。

かねて天下国家を憂える真心が厚くないのに、

ただ時の弾みに乗って成功した事業は、

決して長続きはしないものだ。

<西郷隆盛の名言・格言>

 


 

漢学を勉強した者は、

ますます漢書から道を学ぶのがよい。

人が踏み行うべき道は、

この天地のおのずからなる道理であるから、

東洋・西洋の区別はないのである。

もしも現在の万国対峙の形勢について

知りたいと思うならば、

漢書の「春秋左氏伝」を熟読し、

さらに「孫子」で補えばよい。

当時の形勢も今の情勢とほとんど大差ないだろう。

<西郷隆盛の名言・格言>

 


 

世の中で、

人からそしられたり

誉められたりするといったことは、

塵のように儚く

消え去ってしまうものである。

<西郷隆盛の名言・格言>

 


 

正論では革命をおこせない。

革命をおこすものは僻論である。

<西郷隆盛の名言・格言>

 


 

小人は己を利せんと欲し、

君子は民を利せんと欲す。

己を利する者は私、

民を利する者は公なり。

公なる者は栄え、

私なる者は亡ぶ。

<西郷隆盛の名言・格言>

 


 

自分の身を慎み、心を正して、

君子の体を備えていても、

事にあたって、正しく対処できない人は、

木の人形と同じだ。

たとえば、突然数十人の来客があった場合、

どんなにもてなしたいと思っても、

前もって器具や調度の備えをしていなければ、

ただおろおろと心配するだけで、

もてなすことなどできはしない。

つねに備えをしておくなら、

何人であろうとも、

数に応じてもてなすことができよう。

だから、普段の準備が大事なのだといって

次の古語を書いてくださった。

文は鉛と板のことをいうのではない。

必ず事を処する才がある。

武は剣と楯のことをいうのではない。

必ず敵をはかる智がある。

才智のあるところは一箇所のみなのだ。

<西郷隆盛の名言・格言>

 


 

この世の中で後の世でも信じ仰がれ、

喜んで従おうとするものは、

ただ一つ誠の心だけである。

昔から父の仇を討った人はたくさんいるが、

その中でひとり曾我兄弟だけが、

今になっても子どもや女性にいたるまで、

知らないものがいないのは、

多くの人にぬきんでて誠の心が厚いからである。

誠の心がないのに世間の人から誉められるのは

偶然の幸運に過ぎない。

誠の心が厚ければ、

たとえその当時に知る人がなくても、

後の世に必ず理解してくれる人があらわれるものだ。

<西郷隆盛の名言・格言>

 


 

普段から踏み行うべき道の実践を心がけていない人は、

大事に直面すると狼狽し、

正しく対処できないものだ。

たとえば、近所で火事が発生したとき、

普段から心構えのできている者は動揺することなく、

てきぱきとこれに対処することができる。

しかし、普段から心構えのできていない者は、

ただ狼狽して、

うまく処理することなどできない。

それと同じことで、

普段から道の実践を心がけている人でなければ、

大事に直面したとき、

すぐれた対策はできない。

私は先年の戦い(戊辰戦争)の出陣の日、

兵士に向かって自軍の備えが十分であるかどうか、

ただ味方の目で見るのではなく、

敵の心になって一つ突いて見よ、

それこそ第一の備えであると指示したことがある。

<西郷隆盛の名言・格言>

 


 

人が踏み行うべき道を実践する者が、

世間の人がこぞってそしっても

決して不満をいわず、

世間の人がこぞってほめても

自分に満足しないのは、

信念が厚いからである。

そのような人物になるには、

唐の韓愈の書いた「伯夷頌」

(忠義の士、伯夷・叔斉兄弟をほめ称えたもの)を熟読して

しっかり身につけるべきである。

<西郷隆盛の名言・格言>

↓次のページに続きます↓


Follow me!

コメント