心に響く徳川家康の名言・格言

スポンサーリンク
偉人のお言葉・名言・格言
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

徳川家康の心に響く言葉

 

徳川 家康(とくがわ いえやす、旧字体: 德川家康)または松平 元康(まつだいら もとやす)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将戦国大名[1]安祥松平家九代当主。江戸幕府の初代征夷大将軍[1]三英傑の一人。「海道一の弓取り」の異名を持つ。

家系三河国国人土豪松平氏。幼名は竹千代[1]。通称は次郎三郎のちに蔵人佐。諱は今川義元偏諱をもらい元信(もとのぶ)次いで元康と名乗るが今川氏から独立した際に「元」を返上して家康に改める。

勅許され永禄9年12月29日(1567年2月18日)に徳川氏に改姓。本姓は私的には源氏を称していたが徳川氏改姓と従五位の叙位に際し藤原氏と称し遅くとも天正16年(1588年)以降に源氏を再び称している[2]

引用 「徳川家康」『ウィキペディア日本語版』,(2019年1月28日取得)

徳川家康(詳しくWikipedia)

偉人の名言TOP

 


 

いさめてくれる部下は、一番槍をする勇士より値打ちがある。

<徳川家康の名言・格言>

 


 

世におそろしいのは、

勇者ではなく、

臆病者だ。

<徳川家康の名言・格言>

 


 

得意絶頂のときこそ

隙ができることを知れ。

<徳川家康の名言・格言>

 


 

人は負けることを知りて、

人より勝れり。

<徳川家康の名言・格言>

 


 

平氏を亡ぼす者は平氏なり。

鎌倉を亡ぼす者は鎌倉なり。

<徳川家康の名言・格言>

 


 

一手の大将たる者が、

味方の諸人の

「ぼんのくぼ(首の後ろのくぼみ)」を見て、

敵などに勝てるものではない。

<徳川家康の名言・格言>

 


 

我がために悪しきことは、

ひとのためにも悪しきぞ。

<徳川家康の名言・格言>

 


 

敵だというのも

自制心を忘れた怒りである。

<徳川家康の名言・格言>

↓次のページに続きます↓


Follow me!

コメント