心に響く松下幸之助の名言・格言

スポンサーリンク
偉人のお言葉・名言・格言
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

松下幸之助の心に響く言葉

松下 幸之助(まつした こうのすけ、1894年〈明治27年〉11月27日 – 1989年〈平成元年〉4月27日)は、日本の実業家発明家著述家

パナソニック(旧社名:松下電気器具製作所、松下電器製作所、松下電器産業)を一代で築き上げた経営者である。異名は「経営の神様」。

その他、PHP研究所を設立して倫理教育や出版活動に乗り出した。さらに晩年は松下政経塾を立ち上げ、政治家の育成にも意を注いだ。

引用 「松下幸之助」『ウィキペディア日本語版』,(2019年1月3日取得)

松下幸之助 (詳しくWikipedia)

偉人の名言TOP


 

経営者は、自分の商売から、業界、産業界、さらには、社会、政治、国家、世界まで広げて、一連の責任を自覚することが要望されている。

<松下幸之助の名言・格言>

 


 

経営者は、つねに死を覚悟して、しかもつねに方向転換する離れわざを心に描ける人でなければならない。

<松下幸之助の名言・格言>

 


 

経営者に欠くことのできない条件は、体験、カン、判断の速さ、実行力、勇気の五つである。

経営者の立場に立つ人は、先憂後楽という考え方をもっていないといけないと思う。およそ経営者たる者は、人と共に憂い、人と共に楽しむということではいけない。人よりも先に憂い、人よりも後に楽しむという志がなければならない。

<松下幸之助の名言・格言>

 


 

経営者というものは、平時にあっては後方で采配を振るっていればよい。しかし、非常時には、みずから難局にあたって率先垂範するべきである。

<松下幸之助の名言・格言>

 


 

経営者が社員の給料を増やすことは大事である。しかし、社員が魂を打ち込んで仕事ができる環境を整えることのほうが、さらに大事である。

<松下幸之助の名言・格言>

 


 

経営学は知ることができる。しかし、生きた経営というものは、教えるに教えられない、習うに習えない、自得するしかないものだ。

<松下幸之助の名言・格言>

 


 

経営をいちばん熱心に真剣に考えるのは、中小企業の主人公だ。大企業の経営者は困難を直接肌で感じないから、おのずと行動に力弱さが出てくる。

<松下幸之助の名言・格言>

 


 

経営にも、万一の場合に備えて、設備や資金などのダムをつくり、ゆとりをもった経営をすすめていくことが肝要である。そうすれば、いかなる経営環境のもとでも安定的な経営をすすめていくことができるだろう。

<松下幸之助の名言・格言>

 


 

経営には、勇気が必要である。その勇気は、何が正しいかというところから生まれてくる。

<松下幸之助の名言・格言>

 


 

経営が好きであれば、かりに遊んでいても、そこからふっとヒントを得て、それを経営に有効に活かすことができる。

<松下幸之助の名言・格言>

 

↓次のページに続きます↓


Follow me!

コメント